株式会社MBM

RELATIONSHIP従業員との関わり

人財育成・キャリア支援

人財教育に関する基本的な考え方

当社では、OLCグループの経営姿勢にある「個性の尊重とやる気の支援」の実現のため、従業員が自己実現を図るための機会の提供や、能力開発を支援するための様々なプログラムを実施しています。

1.人財教育の基本方針

当社のあるべき人財像と現状のギャップを埋めるのが“教育”であり、何よりも大切なのは、本人が「成長したい!」、「学びたい!」という意欲があることと考えています。

社員人財育成サイクル

2.人財育成体系(全雇用区分対象)

(1)本人の成長を促す仕組みーMBM college 教育MAP(全雇用区分対象)

現状とあるべき人財像とのギャップを埋め、当社の企業価値を更に高めていくために、各役割ごとに求められるスキル(ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、ビジネステクニカルスキル)を、正しい順序で段階的に提供していく資格別・職位別の階層教育を展開しています。

(2)本人の成長を促す仕組みー自己申告制度(社員)

本人の現状、目指すべきキャリア、そこに向けて努力していることを会社に申告する仕組みとして「自己申告制度」を導入しており、同申告に基づき上司が中長期の育成計画を立て、そのために必要な短期目標を部下とコミュニケーションしながら、毎年の目標設定を行います。

(3)ステップアップ機会の提供(正社員、準社員)

雇用区分を超えたステップアップを促す仕組みとして、準社員から正社員へのキャリアチェンジの仕組みとして、「内部採用制度」、正社員内の職群の転換の仕組みとして「社員転換制度」などのキャリアアップ支援を行っています。

3.準社員教育

準社員の資格階層は5段階で構成され各資格階層で役割を付与されており、業務内容や習熟度に併せてステップアップしていく仕組みです。例えば上位2階層は、リーダー・トレーナーで人を纏める、仲間に仕事を教えるなど、人の育成の視点では重要なポジションになります。そういった役割に沿って楽しく仕事をしていただくために、必要なスキルを段階的に学べる機会を正社員と同じようにMBM collegeで設けています。

仕事と生活の調和

仕事と生活の調和を実現するためには、制度の整備だけでは足らず、その利用を促進する組織風土づくりが必要です。

MBMでは、育児・介護支援などの制度を様々な方法で社内に周知しています。これからも、一人ひとりの仕事と生活の調和を全員で実現していく風土づくりに取り組みます。

有給休暇取得率

社員(単体)

2016年度 2017年度 2018年度
80.1% 85.5% 87.0%

その他の従業員(単体)

2016年度 2017年度 2018年度
95.8% 91.4% 93.7%

※その他の従業員:嘱託社員、契約社員(現オペレーション社員)、準社員

育児休暇取得者数および復職率

社員(単体)

2016年度 2017年度 2018年度
3名(0名) 3名(0名) 6名(1名)
100% 100% 100%

その他の従業員(単体)

2016年度 2017年度 2018年度
2名(0名) 1名(0名) 5名(1名)
100% 100% 100%

※その他の従業員:嘱託社員、契約社員(現オペレーション社員)、準社員

※(  )内は男性

介護休暇取得者数

社員(単体)

2016年度 2017年度 2018年度
0名 0名 1名

その他の従業員(単体)

2016年度 2017年度 2018年度
0名 0名 0名

※その他の従業員:嘱託社員、契約社員(現オペレーション社員)、準社員

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性が安心して継続的に働ける職場づくりのため、次のように行動計画を策定します。

計画期間

平成28年4月1日 ~ 平成32年3月31日

目標

育児休暇の取得件数を対前年比の30%以上とします。

取組内容

取組1:ライフイベントの変化に対応できる働き方制度の考案と運用
現在の休暇制度、育児・介護休業制度等の課題解決のために新制度を策定し運用します。

取組2:事業特性をふまえた女性従業員の受け入れ体制の整備
女性従業員の受け入れに関する管理・監督者の意識醸成を図り、女性がより働きやすい職場環境の改善を実施します。

取組3:キャリア支援についての見直しとプログラムの実施
本人のキャリア志向を把握したうえで、社員1人別育成計画を策定し、教育プログラムを実施します。

女性活躍の状況について(情報公表)

1. 採用

採用した労働者に占める女性労働者の割合
(2016年度)
社員 18.2%
その他の従業員 58.2%
(内部登用者を含む)
在籍労働者に占める女性労働者の割合
(2017年4月1日現在)
社員 31.4%
その他の従業員52.7%

※その他の従業員:社員を除くすべての従業員

2. 継続就業・働き方改革

有給休暇取得率
(2016年度)
社員 87.2%

外国人技能実習生の受け入れ

MBMでは2019年9月から外国人技能実習生の受入れを行っています。

技能実習制度とは、日本で培われた技術や知識を開発途上地域等へ移転し、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進を目的とした制度です。

現在MBMではミャンマー連邦共和国から技能実習生を受け入れており、技能実習生はホテルの客室清掃等の技術を習得しています。
MBMは、技能実習生の日本語教育や社員による充実したサポートを行い、日本で生活しやすいよう環境を整え、万全の態勢で受け入れています。

外国人技能実習生がMBMで学ぶ技能・知識

①清掃技術
主に客室清掃業務に取り組んでおり、清掃技術を学んでいます。

②語学
外国人向けの日本語講座を受け、日本語のレベルアップを目指します。

③日本文化
日本の文化や慣習を身につけます。

取り組み

OLCグループCSR方針はこちら